目の下の皮膚痩せにより「くま」が出現!だったら皮膚痩せを直接改善するべし!

30代くらいになると、目の下のクマが目立って気になりますよね。

 

しっかり睡眠をとっても、ずっとクマが治らないことってありませんか?

 

それは、そもそも睡眠不足からのクマではなく、年齢による目の下の皮膚痩せのせいかもしれませんよ?

 

女性の目元のクマは放置してはダメ

 

「目の下の皮膚痩せ」と急に言われてもよくわかりませんよね^^;

 

でも、これ、目から鱗じゃないですか??

 

チェック

具体的に目の下の皮膚痩せとは

 

加齢や食生活でコラーゲンが減少

人体で最も皮膚が薄い目の下の皮膚が薄くなる

(皮膚の厚さが約2mmに対して、目の下の皮膚の厚さは約0.5mmと薄い!)

皮膚痩せ状態に!

下の色素が透けてクマが出現

 

女性の目元のクマは放置してはダメ

 

寝るだけでは残念ながらクマは解消しません!

 

なので、皮膚痩せによる「くま」を解消するためには、痩せた皮膚を元にもどす必要があります。

 

ちなみに、コラーゲンサプリやコラーゲンドリンクではダメです。

 

確かに無駄ではないのですが、コラーゲンドリンクやサプリを飲んだからといって、目の下の皮膚痩せを直接改善できるわけではありませんよね。

 

なので、皮膚痩せを元にもどすには化粧品なのに試験結果が医学誌にまで掲載されて目の下の皮膚痩せ専用のアイクリーム「アイキララ」がおすすめ。

 

正直、その辺のプチプラ商品とは全く違います。

 

目の下に直接ぬり込むことによって、ビタミンC誘導体の一種「MGA」が

 

なんせアイキララの使用による目元の状態を調査したその論文が、医学誌に掲載されたということは効果に期待できますよね。

 

 

チェック

▼目の下の皮膚痩せ用アイクリーム「アイキララ」を買うならこちらから▼

 

チェック

 

 

目の下のクマか?消えない!その原因は寝不足ではなく加齢による「目の下の皮膚痩せ」

さきほども簡単に説明しましたが、寝不足でもないのにどうしてクマが出てしまうのかというと、

 

チェック年齢を重ねるごとに目の下の皮膚の厚さが薄くなり、コラーゲンを合成する力も低下してしまうため!

 

それゆえ、表皮の下に隠れていたメラニン色素や汚れた血液が表面に出やすくなり、結果としてクマが出ることになります。

 

 

知っておかないといけないのが、

 

「目の下のクマ=寝不足」

 

とは、限らない!ということ


 

この事実を知っておかないと、いつまでも消えないクマが張り付いていまうことになるわけです。

 

目の下の皮膚痩せの仕組みとは

目の下の皮膚痩せがクマにつながる!

 

ちょっと難しいことを言うと、

 

肌が加齢とともに、コラーゲンでできた真皮層が薄くなる菲薄化が起きている状態が「皮膚痩せ」です。

 

皮膚痩せが起きると、真皮層が薄くなるとともに、乾燥が進んで潤いがなくなります。

 

さらに新陳代謝が低下するため、クマが出るという仕組み。

 

 

そもそも、目の下は人間の皮膚の中でも特に薄い部分(他の皮膚が約2mmに対して目の下の皮膚の厚さは約0.5mm!!)。

 

なので、肌の再生に必要なコラーゲンも少ないのが特徴です。

 

さらに汗腺も少なくて代謝が少ないので、老廃物もたまりやすいのも特徴になります。

 

 

 

しかしクマの原因が目の下の皮膚痩せであるとすると、対策も立てやすいもの。

 

何より、真皮層が薄くなるわけですから、コラーゲンを補うことで減少した分をカバーできます。

 

目の下の皮膚痩せによるクマ。試験結果が医学誌にも掲載されたアイキララ(アイクリーム)一択!

ただし、コラーゲンを補うといってもそう簡単にはいきません。

 

現在コラーゲンを摂取する方法はいくつかあります。

 

  • コラーゲンドリンクを飲む
  • コラーゲンサプリを飲む
  • コラーゲン配合のスキンケア商品を使う
  • コラーゲン配合美容液を使う

 

コラーゲンのサプリメントや化粧品でコラーゲンを補う方法が一般的ですよね。

 

私も水に溶かして飲むタイプのコラーゲンドリンクを1年近く飲んでた時期もありました。
(特に何か変わったということはありませんでしたがT△T)

 

目の下のコラーゲンを増やすのは、自分でコラーゲン生成能力を上げるのが効果的です。

 

しかし、飲んだからといって都合よく目の下の皮膚にすぐ効果が出るわけではありませんよね。

 

さらにコラーゲン配合の化粧品にしても、目のクマに効果がありそうなコラーゲン化粧品ってどれを選べばいいかわからないものです。

 

スキンケア化粧品

 

いろいろな情報がある中、皮膚痩せしやすい30、40代、50代の女性におすすめなのが「アイキララ(アイクリーム)」です。

 

他にもいろいろ美白化粧品やエイジングケアの商品がある中、どうしてアイキララがおすすめかというと、

 

 

アイキララの使用による目元の状態を調査した論文が日本有数の「医学と薬学」に掲載されたという実績

アイキララは医学誌に掲載された実績がある

 

化粧品の使用状態をまとめた論文が医学誌に掲載ってすごいですよね。

 

ということは、医学的にもアイキララの効果が認められたということ。

 

理論的にまともな商品ではない場合、こんなことはありませんよね。

 

この事実だけでも、アイキララを試す価値はあると思います。

 

 

アイキララはビタミンC誘導体「MGA」の働きによって、目の下の皮膚のコラーゲンをピンポイントにサポート

アイキララは医学誌に掲載された実績がある

 

アイキララは目の下の皮膚痩せ専用の美容液。

 

なので、飲んだところでどこでどんな効果があるかわらかないコラーゲンサプリやコラーゲンドリンクよりもピンポイントでクマを解消してくれます。

 

塗ったところで体内へ効果があるのか不安ですよね?

 

ビタミンC誘導体とは、そもそもビタミンCを肌に浸透しやくす加工したものです。

 

何より、上記のように「医学誌にも掲載」された商品ということは効果にも期待大ですよね!

 

目の下の皮膚痩せに効果があるエイジングケアが必要

 

皮膚痩せをすると、どうしてもクマが常に出ている状態になりがち。

 

毎日忙しく立ちまわる中で、コンシーラーでいちいちクマを消すのって面倒ですよね。

 

毎日自分の目のクマを鏡を見るだけでも憂鬱になってしまいそう。

 

 

しかも時間が経てばメイクも落ちてしまうので、こまめに化粧直しをしなければいけません。

 

なのでクマには根本的な対策が必要!

 

クマが改善されれば、化粧直しに時間はかからないし、コンシーラーをいちいち携帯する必要もありません。

 

 

「アイキララ(アイクリーム)」には、目の下のコラーゲン生成を助けてくれるビタミンC導入体が含まれています。

 

しかもこのビタミンC導入体はMGAと呼ばれる特別なもので、これが入っているアイクリームは「アイキララ(アイクリーム)」だけなのです!

 

チェック

▼目の下の皮膚痩せ用アイクリーム「アイキララ」を買うならこちらから▼

 

チェック

 

目の下の皮膚痩せ用アイクリーム「アイキララ」の使い方

 

いつ、どのタイミングでアイキララを使えばいいのか、ちょっと考えちゃいますよね。

 

アイキララをぜひ、このタイミングで使ってください。

 

 

まずはメイク落とし

 

摩擦に気を付けながら、洗顔

 

化粧水をしっかり塗って・・・

 

ここで「アイキララ」を塗る!

目の下の皮膚痩せ用アイキララの使い方

 

公式サイトにも書かれてますが、使用量の目安は1プッシュを左右両方に分けて使用します。

  1. 手の甲にアイキララをワンプッシュ分を乗せる
  2. 少量ずつ薬指の腹にとる
  3. 目の下の気になる部分を中心に上からトントンと優しくなじませる
  4. なじんだら、薬指の腹で外側に向かって優しくクリームを伸ばす
  5. 浸透を高めるため、手のひら全体で目元を優しく包み込む

※目にクリームが入らないように注意

 

乳液・クリームで肌にふたをする

 

これでOKです^^

 

目元の皮膚痩せによるクマは加齢とともにひどくなる一方!早めの対策が鍵となる

目元の加齢は無視はできない!早めのエイジングケアを

 

でも、加齢によるクマなら仕方ないのでは?とか思っている方もいるかもしれませんね。

 

しかし、目の下の皮膚痩せは放ったらかしにしているとひどくなる一方

 

色素定着してしまうと、お金をかけてもクマを取り除くことができなくなってしまいます。

 

そのためとにかく、気になり始めたら早めに対策するのが吉です。

 

 

アイキララだけではクマ対対策は難しい

水滴の画像

アイキララがあればクマが全くできなくなるというわけではありません。

 

生活習慣を見返すことも必要になります。

 

具体的にはまずは皮膚の乾燥を防ぐことが重要です。

 

健康な肌であれば、表皮の水分が30%程度あるのが一般的。

 

つまり肌が乾燥しているということは、水分不足であり、肌が健康な状態ではないことを指します。

 

乾燥を防ぐためには、まず水分補給をしっかりすることが重要です。

 

こまめに水分補給をすることで、水分が体内を巡り潤いのある肌になります。

 

たっぷりの化粧水を使うなども悪くはないのですが、表面的な水分はすぐに蒸発してしまいます。

 

それゆえ、たっぷりの化粧水を使うなら、それが蒸発していまわないうちにクリームや美容液などでふたをする必要があります。

 

目の下はもちろん、肌の潤いは健康な肌かどうかが鍵となる!

目の下のクマはアイキララだけではダメ

また、肌の潤いは新しい健康な肌が定期的に作られているかどうかも関わります。

 

そのためには、コラーゲンをうまく生成する必要があります。

 

コラーゲンの生成を活性化するためには、ビタミンA(レチノイド)を摂取するのも効果的です。

 

美容整形外科などで注射してもらうことができます。

 

もっと手軽にできることといえば、肌の老化を防ぐために糖分を控えるなどがあります。

 

糖分を摂取しすぎて肌が糖化してしまうと、コラーゲンやヒアルロン酸などが作られにくくなり、肌が硬くなってしまいます。

 

そして、「アイキララ(アイクリーム)」をプラスすれば鬼に金棒な状態です。

 

生活習慣が整ってくると「アイキララ(アイクリーム)」も肌に浸透しやすくなり、より一層肌の内側へとMGAを届けることができます。

 

商品が届くとすぐになくなってしまうようなサイズに思うかもしれませんが、ワンプッシュで左右の目の下に使えるのでコストパフォーマンスも良好。

 

化粧水と乳液・クリームの間に一手間加えるだけなので、気軽に生活に取り入れられるのも魅力です。

 

医学誌に掲載されたアイキララ(アイクリーム)の口コミは?

アイキララ(アイクリーム)の口コミは?

 

医学誌にも掲載されたことがある「アイキララ(アイクリーム)」。

 

しかし、実際に大切なのは本当に効いているのかどうかですよね。

 

それを知るためには口コミがヒントになります。

 

なぜなら口コミは体験談に裏付けられているからです。

 

実際に使ったことがある人の声なら、使用感とかも分かるので安心ですよね。

 

では早速、どんな口コミがあるのか見てみましょう。

 

1か月使ってみた感想はこれは良いかもしれない・・・って事です。

 

朝晩使っていますが 小じわが目立たなくなってきたんです。これにはびっくりです。
目の下がなんとなくふっくら張りがでた感じなんです。

 

ファンデーションを塗っても小じわやクマが目立たないんです。

 

もう〜続けるっきゃないですよ。
久々に買って良かったって思った商品です。

(50代 女性)

 

50代の女性でも実感があるというのは嬉しいですね。

 

クマや小じわまで改善するなら、まさに使うしないないという感じでしょうか。

 

通常は定期購入ということみたいですが、楽天では通常で3本セットが買えたので購入。

 

効果も分からないし、定期購入後の解約が面倒なので。。。金額は少し高くなってしまうようですが。

 

片方の目の下に、深っっっいシワがあって何を試しても改善という形では良くならなかったけど、これは使用して2週間、明らかにシワが浅くなっている気がします。

 

ここまでの改善は初めてなので、めちゃんこ嬉しい〜。

 

本当に困っていたので、3本でどれだけの改善があるのか楽しみです。

 

(30代 女性)

 

ちょうど目の下のクマに悩み始めるご年齢の方からも好評のようですね。

 

なかなか効果の実感というのは多くの人にとって感じにくいところ。

 

それをしっかりと効果があると感じられる商品というのはすごいですね!

 

個人差もあるとは思いますが、2週間で効果が期待できるなら1本使ってみる価値アリではないでしょうか。

 

ただ、中にはこんな意見もあります。

 

3本使い切りましたが、今のところはっきりとした効果は分かりません。

 

徐々にでも効果が表れるのであれば高くても使い続けたいと思いますが、そうでないとなかなか続けるのは難しいかなと思います。

 

使い心地はべたつかず、なじみも良いと思います。

 

(40代 女性)

 

使い切ってみても効果が実感できない人もいる若干いるようです。

 

ただし、何かの副作用が起きたりしているわけではなさそう。

 

肌のなじみが良いなら、保湿効果などは期待できそうですね。

 

半信半疑ですけど、半年続けて少しマシになったような気がします。

 

少なくとも進行は遅らせることに成功しています。

 

それがこの化粧品のおかげか付随するマッサージ行動によるものなのかは定かではないですが、これがきっかけになっていることは事実です。

 

(40代 男性)

 

貴重な男性によるご意見もありました。

 

働き盛りの男性も目の下は気になるものですよね。

 

クマが深くならない程度なら、使い続けることでより良くなる可能性もありそうです。

 

アイキララ(アイクリーム)を使用する前に疑問や不安はここて?解決!

アイキララ(アイクリーム)の疑問や不安

 

ここまで見てきましたが、「アイキララ(アイクリーム)」ちょっと使いたくなってきた・・・という人もいるかもしれません。

 

でも、まだちょっと怖いな?とか、よく分からない!って人もいますよね。

 

それなら、その疑問や不安をここで解決しちゃいましょう。

 

成分は?何が入っているの?

『アイキララ』には、多くの植物由来の成分を使用しております。

 

水、DPG、コメヌカ油、パルミチン酸エチルヘキシル、グリセリン、ベヘニルアルコール、トリエチルヘキサノイン、ステアリン酸、ステアリン酸グリセリル、セテス-25、ミリスチル3-グリセリルアスコルビン酸、パルミトイルテトラペプチド-7、パルミトイルトリペプチド-1、クリシン、N-ヒドロキシコハク酸イミド、ステアレス-20、グルコン酸クロルヘキシジン、アンズ核油、アボカド油、カニナバラ果実油、ヒマワリ種子油、ナットウガム、BG、ジメチコン、トコフェロール、コレステロール、シア脂、エチルヘキシルグリセリン、カプリル酸グリセリル。

 

 

どのタイミングで使用したら良いですか?

こちらでも詳しく説明しています「目の下の皮膚痩せ用アイクリーム「アイキララ」の使い方

 

朝・夜の1日2回、洗顔後、お手持ちの化粧水等で肌を整えてから『アイキララ』をご使用ください。

 

しっかりと水分を含んだ状態に使用することで、成分が浸透しやすくなります。

 

油分の多いアイテムを先に使用すると、『アイキララ』の成分が浸透しにくくなることが考えられますので、乳液や他のクリームは『アイキララ』の後にお使いいただくことをお勧めしております。

 

※オールインワンタイプの化粧品については、油分が多く含まれている場合があり、『アイキララ』の美容成分の浸透を妨げてしまう可能性があります。

 

そのため、『アイキララ』を使用した後に、乳液・クリームの役割としてご使用になることをお勧めいたします。

 

 

使用上の注意はありますか?

チェック【少量ずつなじませる】
なじませる際に、1回分の量を一度にたくさんつけようとすると、クリームが目に入ってしまう恐れがあります。

 

手の甲にのせた『アイキララ』を少しずつ薬指の腹にとり、目の下になじませてください。

 

 

チェック【目のキワには使用しない】
非常に伸びの良いクリームですので、目の粘膜ギリギリまで使用すると、意図せずクリームが目に入ってしまうこともあります。

 

また、まつげへの付着もご注意ください。

 

 

チェック【強くこすらない】
目元の皮膚は非常に薄くデリケートです。

 

成分をなじませようと強くこすると、色素沈着やたるみの原因になりかねません。

 

優しく押さえるようになじませてください。

 

付け方レクチャーもあるので、使用するときに迷わずに済みます。

 

少量でも大丈夫だなんて、コスパ良すぎですよね。

まとめ

加齢とともに、肌の様子は変わるもの。

 

良くなっていく・・・わけもなく、肌に関する様々ま問題が年齢とともに発生します。

 

それでも、人前に出るときにみすぼらしい姿を見せるわけにはいかないものですよね。

 

今からでも遅くはないので、しっかり目元もエイジングケアしていきましょう!

 

クマってメイクで隠さないといけないの?と思われるかもしれません。

 

かつての私もそうでした。

 

しかし、雑誌で見かけたアイキララを思い切って使ってみて気がついたのです。

 

きちんとケアをすれば、メイクでごまかす必要は一切ありません。

 

何よりアイキララなら、クリームなので塗るだけでOK!手軽に美容効果が高められるアイキララ、ぜひ活用していきいきとした表情を手に入れましょう。

 

チェック

▼目の下の皮膚痩せ用アイクリーム「アイキララ」を買うならこちらから▼

 

チェック

 

更新履歴